研究室紹介

Home > 教員・研究分野一覧 > 機械宇宙学科 分野紹介

機械宇宙学科 分野紹介

ロボット創造学分野
教  員

 

 

 


スズモリ コウイチ
鈴森 康一 教授
suzumori@mes (
東工大教官情報

 

 

 


エンドウ ゲン
遠藤 玄 准教授
gendo@mes (
東工大教官情報

 

 

 


ナバエ ヒロユキ
難波江 裕之 助教
nabae@mes (
東工大教官情報

研究概要

索状能動体

 「蛇は何故足が無いのに推進できるのか?」という蛇のバイオメカニカルな研究の発展として,ヘビをモデルとしたロボット「索状能動体」の研究を行っています.単純な形態ながら特異な汎用的な機能性を有することが期待されています。

レスキューロボット

 阪神大震災以降,災害時に危険な環境でのレスキュー活動が重要視されてきています.このような需要に対応し,瓦礫内探索などの用途に特化した遠隔操作型ロボットの開発を行っています.

人道的地雷除去システム

  現在世界では対人地雷による被害が後を絶ちません。本研究室では平成14年度より科学技術振興事業団の研究領域「人道的観点からの対人地雷の探知・除去活 動を支援するセンシング技術、アクセス・制御技術の研究開発」の指定を受け、遠隔からの地雷アクセス技術の研究開発を行っています。

歩行ロボット

  1. 離散的不整地を安定に移動できる
  2. 足の接地点を離散的に選択できる
  3. 移動用,能動的作業台座,腕として脚を利用可能.

という歩行機械の特徴に注目し,研究を行っています.

惑星探査ローバー

 宇宙探査用ローバーに関して、月面、火星用などの用途に特化したモデルの提案の他,親子型ローバーなど様々な形態を提案しています。

福祉・介護ロボット

 社会の高齢化等の影響もあり,福祉・介護分野での労働力の確保の重要性が高まっています.既存の公共施設などにそのまま設置できバリアフリー化が可能になるアシスト機器などの研究を行っています.

キーワード ロボット、レスキュー、人道的地雷除去、歩行、惑星探査、索状能動体、蛇型ロボット
所在地 東京工業大学大学院 理工学研究科
機械宇宙システム専攻  鈴森・遠藤研究室
〒152-8552 東京都目黒区大岡山2-12-1
研究室サイト 鈴森・遠藤研究室

※ メールアドレスは記載されているアドレスに「.titech.ac.jp」を付加。