学科案内

Home > 学科案内 > 機械宇宙学科の教育理念

機械宇宙学科の教育理念

 本学では、2016 年4 月より、学部と大学院が一体となって教育を行う「学院」が創設されます。そのため、機械宇宙学科では、2016 年4 月以降の新規学生募集は行っていませんのでご注意ください。

機械宇宙学科では,これからの機械工学のあり方,また機械工学の習得を目指す学生が習得すべき学問体系について議論を重ねた結果,以下のような理念に基づく教育を指向しています.

  1. 学科の基礎学問としては,エネルギー,材料・物性,情報・制御・システムの3分野を主体とする.
  2. 学問の基礎を確実に習得させながら,同時に新しい学問分野も積極的に教授する.
  3. 知識としての学問だけでなく,実際に「もの」に触れながら実学としての工学を教授し,エンジニアリングセンスを磨き,工学の本質を習得させる.
  4. 解析の学問と同時に,様々な物理現象を要素技術の結集によって工学的に活用し,目的達成型機械システムを創造しうる創成型学問も重視する.
  5. 社会と融和しうる高い倫理性と自立した個人としての人格を有し,自らの見解をはっきりと表明できる人材を育成する.

 このような教育理念を実現するため,機械宇宙学科の学生には以下のような教育課程を用意しています.

機械宇宙学科のカリキュラムの詳細は, こちら をご覧下さい.