学科案内

Home > 学科案内 > 機械宇宙学科の特徴的な講義

機械宇宙学科の教育ポリシー

本学では、2016 年4 月より、学部と大学院が一体となって教育を行う「学院」が創設されます。そのため、機械宇宙学科では、2016 年4 月以降の新規学生募集は行っていませんのでご注意ください。

人材養成の目的

 機械宇宙学科では、最新の科学に基盤をおいた「宇宙に象徴される極限環境下において要求される高度の機械工学」(機械宇宙学)の基礎的素養に加えて、あらゆる知識を総合し、具体的な「もの」を作り上げる創造的システム開発能力と指導力・企画力などを兼ね備えた人材の育成を目指しています。

 

入学者に求める資質と能力

 本学科では、次のような資質と能力をもつ人材を求めます。
・ 理数分野を中心として幅広い分野について十分な基礎学力を有し、柔軟な発想ができること
・ 宇宙等の未知の世界に興味を持ち、果敢に挑戦する気概、積極的に学ぶ意欲を有すること
・ 機械宇宙学の知見を活かして社会の発展に貢献する志を有すること

 

修得する能力

 本学科では、次のような能力を身につけることができます。
・ 機械宇宙学に関する研究・技術開発に必要な理工系基礎学力と論理的思考力
・ 宇宙等の新分野への研究・技術開発の展開の礎となる幅広く豊かな教養および高い倫理観
・ 様々な知識を総合し、「もの」を作り上げる創造的システム開発能力
・ 基礎理論を中心とした自己修習力
・ 宇宙に代表される極限環境下等の未知の世界に果敢に挑戦する力
・ 他者の意見を尊重し、自分の意見を論理的に表現できるコミュニケーション力と指導力

 

教育内容の特徴

 本学科では、上記の能力を身に付けるため、次のような特徴を有する教育を実施します。
・ 幅広い理工系基礎学術と技術者倫理
 すべての学術の基礎となる数学、物理学、化学等の理工系基礎学力の育成、実験・演習を介した基本理論の実践的教育および技術者倫理教育
・ 機械宇宙学の基礎理論
 機械宇宙学の基礎理論の根幹をなす機械力学、材料力学、流体力学、熱力学等の機械工学基礎と応用物理学・数学等の教授、および実験・演習を介したそれら基礎理論の実践的教育
・ 機械宇宙学の先進理論
 エネルギー、材料・物性、情報・制御・システム等の先端機械工学と環境工学、宇宙工学等の極限機械工学の教授、および実験・演習を介したそれら先進理論の実践的教育
・ 創造性教育
 実際に「ものに触れる」実学と「新しい機械システムを創成する」創造能力の修得を目指した基礎理論に基づく創造性教育
・ コミュニケーション力
 他者の意見を尊重し、自己の考えを論理的に表現する能力の開発を目指した対話型教育による「指導的エンジニア」としての資質の涵養